東京神奈川千葉埼玉のフリーエンジニア常駐案件はハッピーエンジニア

週3~案件
ゲーム案件
最新テクノロジー案件
上流案件
稀少スキル案件
インフラ案件

エンジニアと国家試験

情報処理技術者試験は、国内最大規模のエンジニア能力認定試験

エンジニアとしての試験に、情報処理技術者試験があります。 情報処理技術者試験は、エンジニアになる者にとっては、国内最大規模で開催される国家試験です。

しかし、弁護士になるなら司法試験に、公認会計士になるなら公認会計士試験に、それぞれ合格した者でなけれれば、そもそもそのものになれないというような「資格」認定の試験ではありません。たとえこの試験を受けない者であっても、エンジニアになることはできます。経済産業省はこの試験を「能力」認定の試験としています。

また、ITエンジニアとしての名称も、たとえば「プロジェクトマネージャ試験」の合格者でなくとも、「プロジェクトマネージャー」などの名称も自由に名乗ることができます。

2009年度から実施されている試験区分は、スキルによって、大きく次の4つに分かれて、次のような試験があります。

1)ITパスポート試験(スキルレベル1)

2)基本情報技術者試験(スキルレベル2)

3)応用情報技術者試験(スキルレベル3)

4)高度情報処理技術者試験(スキルレベル4)

ITストラテジスト試験

システムアーキテクト試験

プロジェクトマネージャ試験

ネットワークスペシャリスト試験・データベーススペシャリスト試験

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

情報セキュリティスペシャリスト試験

ITサービスマネージャ試験

システム監査技術者試験

国家試験の画像

情報処理技術者試験の役割と存在意義については、賛否両論

情報処理技術者試験は,昭和44年(1969年)に開始されて以来、裾野の広がる情報システム活用のための試験として、その役割を拡大してきましたが、 1990年代半ばに起きたインターネットをはじめとした急激な技術革新の波により、新技術がどんどん生まれ,また高度化してくるに連れ、現在では「時代に取り残されてしまっている」などとの批判がなされています。

この他にも、「プロマネを取得したからといって実際の業務でプロマネは務まるわけではない」「実務を反映していない」、「日進月歩に進歩する技術分野であるにもかかわらず、更新の必要がないため、合格がいつまでも通用することになる」、「実践現場においては、ほとんど役に立たない」などの疑問が、多くの人たちによって投げかけられています。

その一方で、「システムを総合的に見通す力を付けることに関してはプラスの効用がある」、「専門用語で仕事を進められるようになるためにも最低限必要」「初級からベテランまで,企業間にまたがる情報処理技術者のスキルを客観的に評価する尺度として用いることができる」など、この試験の役割と存在意義を認める声もあります。

フリーエンジニアのお客様のご登録状況

  • 男性 30歳
    映像ディレクター、エディタ...
  • 男性 43歳
    DB2、AIX、TSM
  • 男性 41歳
    データベースエンジニア
  • 男性 30歳
    システムエンジニア
  • 男性 33歳
    システムエンジニア・プログ...
  • 男性 49歳
    ネットワークエンジニア
  • 男性 45歳
    業務アプリ開発
  • 男性 41歳
    業務システム
  • 男性 46歳
    システムエンジニア
  • 男性 43歳
    サーバー系
  • 男性 45歳
    システムエンジニア
  • 男性 34歳
    サーバー系
  • 男性 48歳
    システムエンジニア
  • 男性 29歳
    オープン系
  • 女性 47歳
    プログラマー
  • 男性 47歳
    PMO
  • 男性 30歳
    データアナリスト
  • 男性 31歳
    システムエンジニア
  • 男性 41歳
    SAP
  • 男性 37歳
    汎用機cobol オープ...
  • 男性 34歳
    オープン系・web系
  • 男性 37歳
    汎用機(IBM i)
  • 男性 41歳
    ITコンサルタント、データ...
  • 男性 32歳
    業務Web系 java
  • 男性 43歳
    DB2
  • 男性 42歳
    社内SE、システムエンジニ...
  • 女性 34歳
    VBA
  • 男性 48歳
    システムエンジニア
  • 男性 45歳
    PMO
  • 男性 30歳
    システムエンジニア

私たちにお任せくださいの画像